なんねんたっても

KinKi Kids Kis-My-Ft2 A.B.C-Z ふぉ~ゆ~など

2018年もよろしくお願いします

昨年はあまり更新しませんでしたが、2018年は現場続きなので、もう少し頑張ろうと思います。

目標が小学生の作文以下だな……

 

昨日はKinKiの京セラドームでした。

京セラ久しぶりー。近鉄乗るのも久しぶりー。近鉄難波からの京セラドームが便利過ぎるね。ってことで割とすんなり京セラへ。イオンで買い物すれば良かったんだよ。なんで難波であんなに『お店空いてない…』って考えたんだろ…(笑)

KinKiコンは楽しかったけど、相変わらずのケツカッチンがもう手に取るように分かる(笑)

凄い時間気にしてたもんね。そういう意味では、東京元日やってた時の方が楽しかったけど。ふぉ~ゆ~が着くことももうあんまり無いのかなぁ。今年の年末(約1年後w)どうするかなぁ、とちょっと考えました。KinKiは好きだけど、ふぉ~ゆ~が見たかったから、KinKiはおそらくDVDとかBlu-rayで見ることになるんですよ。勿論ftrしかステージに出てないときはKinKi見てるんだけど、ふぉ~ゆ~出てきちゃうと『Blu-rayに残らないかも!』という使命感のみで見続けちゃうから、KinKiの記憶がない(笑)まぁBlu-rayも何回かは見るので(やめpure渋滞、何回見たんだ!?←友達が好き)

KinKiはちゃんと見るんですけどね。

 

さて。2018年。

先日、予定決まってる現場幾つあるかなーって思ったら、

KinKi Kids concert 20.2.21』(終了)

『ぼくの友達』3回

『Endless SHOCK』2回

『舞祭組』

 

劇団☆新感線

『堂島くん生誕祭』

『安室ちゃんラストライブ』

とりあえずジャニ区別なく、で既に10(笑)

SHOCKはもう少し増やしたいところだし、その他にも色々行きたいので、こんなもんじゃないだろうけど…

 今年も『生で見ることに勝るものはない(可能な限り行く)』というのをモットーに生きたいと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします。

1年を振り返る

GACHI名古屋のレポもKinKiの東京公演も、体調不良につき、全く手を付けられないまま、明日は大晦日だよ…

元日には京セラだよ、わたし。

 

とりあえず1年の現場振り返り、やってみます。(前の事はすぐ諦める系の典型的O型)

 

【1月】シェイクスピア(KAAT)

五関くんが出る、上川さんが主演、観月ありさちゃんも出る!ってことで、やっと活躍したえび名義。それ以来、えび名義、なかなかの活躍ぶりなんだよなー。ありがたい。

めっちゃ風邪引いてて、色んな人に迷惑をかけました。

河合くん、はしこが見学してた。

【2月】えびハイタッチ(ベルサール高田馬場)→Endless SHOCK(帝劇)

朝8時に高田馬場ってどんだけ…と思いつつ並び、ハイタッチは12時。過去最大に並んだなー、と思った1日。あと、私は本人を目の前にすると全く喋れないってことが発覚。だって自担に遭遇したら全力で逃げる自信ある←

ハイタッチ終わったら、夜公演のSHOCK、これもなかなかハード……

2月は堂島孝平さんの生誕祭もあり、なんかよく立ってた1ヶ月でした(仕事も3日間フルで立ちっぱだったりとか)

【3月】Endless SHOCK(帝劇)×2

【4月】

○運動会

2年連続で運動会に呼んでいただけたので、行って来ました。10何年前もこの席だったわwwwという普段ステージ裏になってる背もたれのないシート(笑)ここで6時間?7時間?はなかなかキツイんです。

○滝沢歌舞伎(新橋演舞場)

久しぶりの滝沢歌舞伎。お弁当も食べられて大満足。前に見たときより、こっちの意識も変わってるから全部楽しめた。

【5月】キスマイ(新潟)

全滅かと思いきや、復活当選というチャンスが降ってきて(復活当選2回目)新潟へ日帰り。オールアリーナで見えづらいのと、柱が邪魔。ちょっとずつキスマイに距離を置いていこうかな、と思い始めた時期。

【7月】

MUSIC DAY

これも2回目の当選。しかも夏のこのタイミングに当たる。6時間、割と立ったり座ったり大変だけど、ジャニーズが多いので楽しめる。キスマイ担のお嬢さんと一緒に。あの嵐をタダで間近で見られるから、毎回ありがたいなーと思う(笑)

○KinKi party

グッズのために初日、始発で横浜へ。横浜に不馴れだし暑いし、まとめサイトに写真載ったし(誰かが『KinKiグッズめっちゃ並んでる』的に撮ったやつに写りこんでた←肖像権で訴えていい?w)

グッズ列の待機場所でエアコン入れてくれるし、グッズ買ったら衣装展だわ、でお金の掛け方におののく。衣装展は翌日も見た←紅白の衣装の刺繍が凄まじかった…凄かった…

お譲り頂けたのでpartyには2日目に参加。1日目ならふぉ~ゆ~だったか、と思ったけど、2日目は内くん×つよしの微妙な空気が死ぬほど面白くて、つよしの耳が悪いことすら忘れるレベルで笑った。光ちゃんのタキシードが麗しかったし、つよしの歌を椅子に腰かけて聞いてる姿が美しすぎて、彫刻か何かだったのかな。

 【8月】夏休みがいい感じに長かったのに有給まで取ったw

○キントレ

すのーまんの単独は初。元々堂島くんでライブハウスもオールスタンディングも慣れてる身としては、まぁ見えなかったけど、外周回れるようになってるのはいいよね、と思って見てた。阿部ちゃんの緑のペンライトにして、何となくそこら辺の阿部担と共にお手振り頂きました。阿部ちゃん、キラキラしてて可愛い。

A.B.C-Zツアー(横アリ)

キントレが朝で、えびが夕方から、というスケジュールで、六本木から横アリへの移動(笑) えびは前日にふぉ~ゆ~がバックについたと聞いて、2日後に主演舞台始まるから昨日だけだよな、と思ってたら、急に飛び出してきた4人を見て、有り得ない声が出た(笑)多分、この時から、ふぉ~ゆ~担になっていく布石はあった…はず。

○GACHI初日(クリエ)

もう夏休みだったから初日に行きたいなーと思って取ったら取れた自チケ。サイドだったけど、かなり前の方で、こっしーの目線がバンバン来て、え?なに?誰か知り合い居る?と思いつつドキドキした記憶。ストレートプレイばかりだったふぉ~ゆ~に「entertainment」と銘打った舞台だったから、ただただ楽しみだったけど、のちのちあんなことになるとは露ほども思っていなかった時期。

○キスマイ(横アリ)

ある意味めっちゃ貴重なチケットだったけど、私は前日のGACHIが良すぎて、キスマイに上手く切り替えられなかった。この時すでに「キスマイもういいかな」と思って、スパッと切り替えた。

○GACHI×6

実家に帰ってもGACHIが楽しすぎたことを引きずりまくり、結局残りの夏休みをGACHIに費やした(笑)元々自チケが2回あって、1回はお譲りで、もう1回は朝の当日券に並んで入った。SHOCKだと、見れないのは嫌だから楽とか初日にはこだわらず、確実に行ける方法を取ってるんだけど、GACHIはそのチャンスがあるってわかってたから、あー前楽と楽も見たいなぁ、と思い始めちゃって、楽は始発で並んでた。6時間並んだのは初めてです。でも日陰で涼しかったから良かった。50分も延長して終わった楽は大満足。こちらもやりきった感が凄かった。GACHIきっかけでふぉ~ゆ~垢デビューしました。

【9月】堂島くんソロツアー

堂島くんのワンマンが全席指定というありがたいシステムで、早々とチケット取って予定してたんだけど、近しい人の不幸があり、とても落ちていた日でもあり。でもそんな日にピッタリの落ち着いたライブで良かった。KinKiの話も色々してくれたし。

【10月、11月現場なし】多分…なかったはず…

 【12月】

○GACHI新歌舞伎座&センチュリー

最近のことなので…最前で見れたGACHI、地元で見れたGACHI、色々思い出がありすぎますが、GACHIを納められて良かった。地方まで行った甲斐があったと思わせてくれるから、ふぉ~ゆ~が好きです。

○KinKi(東京ドーム)

まさかの100人オーケストラを引き連れてのドームコンになるとは予想もしてなかった。団扇もペンライトもなくて、どうなるんだろうと思ったけど、ちゃんとコンサートだった。久しぶりに音楽がやりたいなー、音楽好きだなぁと思い出させてくれた良い機会でもあった。ただそれも、思いがけずふぉ~ゆ~が出てきたときに全部吹っ飛び(笑)ずっと双眼鏡と友達だったけどwww 私の興奮ぶりもさることながら、隣のV担の方が何なら私より双眼鏡の構えが早くて笑った←福ちゃん推し

 

 

なかなか頑張った。GACHI11公演は普通に頭おかしいレベルだったけど、映像化しなかったら後悔すると判断したことは、良かったと思ってる。

 KinKiにもご縁があってたくさん逢えた1年でした。

 

来年は既に

KinKi、ふぉ~ゆ~辰巳くん舞台×3、SHOCK×2、劇団☆新感線、堂島くん生誕祭、安室ちゃんライブ

が決まっているので、この記録に拍車が掛かることと思われます。健康に気を付けながら、パワーアップしていきます。

 

 

GACHI2017

今更ですがGACHIのはなし。

 

この秋の地方公演は、大阪・新歌舞伎座と名古屋・センチュリーホールへ。

 

今年はほんと「GACHI」の1年で。その集大成がこの遠征。SHOCKですら、もう遠征はしないと言ってた私が、いとも簡単にふぉ~ゆ~で遠征しちゃうんだもんね。これは来年のSHOCKも遠征してるな…

時々「ふぉ~ゆ~の誰担なんですか?」と聞かれるのだけど、いまだに決めかねてます。一番はやっぱり「SMAP」「KinKi」であって、それは変わらないのだけど、今はもう次に「ふぉ~ゆ~」が来るレベルで、でもまだその中で誰、ということはないです(今のところ)

  やっぱり福ちゃんスタイルいいよねー

  こっしーは所作が綺麗だよね

  今、たっつみーと目が合った!!(と思ってる)

  マツ、マジで意味わかんない(褒めてる)

これが全部見られるのがGACHI、ほんと頭おかしい。

イデアが頭から落っこちるほど溢れかえって

やりたいことが次々と出てくるなんていいな。

 

ダンスと笑いに関しては、さすがにKinKiの系統を汲んでいるだけある。頭の回転の速さには感心する。出てくるワードは簡単単純だけど、的確に突っ込むには、語彙が単純なくらいがいいのかも。(褒めてます)

地元ネタを挟めるのもいいよね。SHOCKで公演してたり、TVとラジオのレギュラー持ってて、その土地でロケをしてるからこそ、地名もネタも出てくるんだし、それが地元にとってどれだけ嬉しく思えるか、ということをちゃんとわかってる。

と、ここまで褒めているのが、大体たっつみーの話になってしまった。

基本、頭の回転が速い人が好きで、突拍子もないことをいう人も、天然な人も好きなんだけど、やっぱり的確に話ができる人を尊敬する傾向にあるから、私はたっつみーを尊敬しているらしい。

 

 新歌舞伎座は個人的に家族の出身地が近いこともあり、感慨深かった。もちろんこっしーの地元ってこともあるんだけど。あんな立派な劇場で、たった7人と3人のバンドだけで舞台を作ってるなんて。

たまたま少し早めに劇場に着いたから1階下の看板の写真を撮ってたら、スーツの男性(推定50代)の二人組に「お!ふぉ~ゆ~!」ってすれ違いざまに言われて。

「え?何?今の新歌舞伎座の偉い人?」ってなったので、是非とも今後ともふぉ~ゆ~をお願いいたします。あの世代がさ、ふぉ~ゆ~を知っててくれるだけで、、なんかうれしいよ。(語彙力不足)

 こっしーは大阪弁が流暢になってて、SHOCK大阪公演と、光ちゃん・内くん・文ちゃんとの環境も大きかっただろうし、「関西弁で喋る俺」が大好物の関西弁フェチには堪らんもんがあった。早めに東京へ引っ越しして、「東京に魂売った」って言われるって言ってたけど、東京に魂売ったっていうのって、関西だけだよね(笑)

 

実は大阪は最前列で見る機会に恵まれました(買ってないよwww)普通にぴあでポチポチしてたら、取れたのでありがたく行きましたが、それが地方の初めての公演だったから、久しぶりだし、演目が変わってたりするのも初見で。だから最初ほぼ固まってました。途中でたっつみがー、福ちゃんが、ガッチガチの私も煽ってくれて、なんなんだろう、あの「そこら辺の気さくな兄ちゃん感(でも絶対にそこら辺にはいないイケメン)」

おかげで途中からは楽しく笑えたし、目の前にたっつみーは転がってくるし(そのあとの、痛がってるのが可愛いって思われるだろう、っていうあざとさって言ったら…ないよね…好きだ、バカヤロー)

出オチの塩婆は途中からかわいく思えてくるし、大阪の独特な笑いの文化にはもともと慣れているのもあって、とっても楽しく大阪遠征できたかな。ボッチだったけど、大阪は第2の故郷なので、一人で満喫。今回は劇場からしてルーツに関するところばかりだったから、ちょっと梅田に寄ったくらいで、難波も心斎橋も大阪城も見ず、メインは上本町界隈をぶらぶらと。

 

逆に名古屋は本当に地元。地元で最終日だったから、これは行くしかないでしょ、と。席はめちゃくちゃ後ろで、何ならGACHI33公演中11回入ったうちでも一番後ろだったけど、それでもあのセンチュリーの中心にふぉ~ゆ~がいる、ってことが驚きだった。

その昔、KinKiのeAlbumフィルムコンサートで光ちゃんを確か5列目くらいが当たって見れたのと、藤木直人さんのコンサートで来たくらいだけど。その前にはA.B.C-Zのライブもあったし、来月は舞祭組もライブやるような会場で。ふぉ~ゆ~が。GACHIを。

やってるんだ!!!!ってことに、オープニングから泣きそうだったけど、さすがだよね、センチュリー。影アナのデフォルトなのかもしれないけど「ロビーにてコンサートグッズの販売が・・・」

 (・・・コンサート????私たちは舞台じゃなくてコンサート見に来たのか)

ってなったけど、それも面白がれるふぉ~ゆ~担(笑)

ネタも東海地方感満載で。東海地方というか、愛知だけかもしれないけど、地元が大好きで、地元のネタが一番好物な県民性(どこ出身でもあると思うけど、それを一番顕著に感じるのは愛知)だし、何より1公演しかないことで、今日しか見られなかった映像、それから後方席にいたことで、初見と思われる方たちの爆笑(落語とか)が大きくて、それがとてもうれしかった。後方にもリピーターさんも多くて、だから「GACHI×4」とか「アスパラガス」とかもちゃんと全体にやってくれてて、ほんと良かったなーって、そう思いながら地元で1泊。翌日の新幹線でそのまま出社しました。

大阪も名古屋も大好きなグルメがあって、名古屋はまぁ年に数回帰るので、いつでも食べられるんだけど、恐ろしいほど食欲がわかず、結果名古屋はほとんど何も食べれなかった(笑)大阪では大好きなイカ焼きとか釣鐘まんじゅうとかを買えて幸せでした。

大阪といえば、一度食べてみたかった「ダニエル」のカヌレ。これもおいしかった。もう少し洋酒が利いている方が好みだけど、硬さともっちり感はいい!お店によったらガラガラで、思わず「やってます?」って聞いちゃったんだけど(笑)買い終えたら行列になってた。。。

 

GACHI名古屋は必死にメモってきたので、頑張ってレポ作ります。。。年賀状もあるし、KinKiコンが迫ってきてますね。 

(notジャニーズ)ジョンマスターオーガニックの対応について

ジャニヲタブログですが、これは残しておきたい。

 

普段からジョンマスターオーガニックというヘアケア剤を気に入って使っている。

市販のヘアケア(シャンプー、コンディショナー類)は大抵背中にブツブツが出来て、酷いときは化膿したりしたので、メーカーごとNGにしていたら(商品変えてもメーカーが同じだと同じ結果になるから)使えるものがほとんどなくなった。『ノンシリコン』でもダメなものが多かった。

たまたま友人がプレゼントしてくれて、使ってみたら大丈夫だったので、もう何年もこれを愛用している。

今回は表示に誤りがあり、しかもノンシリコンではなかったため、市販のより高いお金だして買ってて、市販品と変わらないのかよ、って怒っている人が多いと思うんだけど、正直それも私はサロンで買う高いシャンプーですら背中がブツブツになるので、それが解消されてる現品に不満はない。高いからもちろん怒るのも分かる。今回は私はそこに怒りはないんだ、というだけで。

 

まぁとにかく対象商品はいっぱい持ってた。使いかけ、使用済みでボトルを洗って処分しようとしてたのもあるから、それも対象だというし、交換してくれるなら、と電話した。

電話にしたのは1点だけ終売になっていたものがあったためで、その場合電話しろと書いてあるので、素直にしたがった。

そしたら『終売商品を含むので、対象商品分はクーポンでお返しします。オンラインのみで使えます』

 

いらねーよー!!!!クーポンなんて!!!

オンラインショッピングは使っていない。店頭でポイント貯めてるし、いつも買うビルのポイントもあるから、諸々含めて店頭なのだ。だけど、今回は私のミスではない。なぜ私がオンラインでもう一度注文しなきゃならんのだ。電話の対応の女性の声のトーンが、私には合わなさすぎる周波数で、敬語もしどろもどろなのに嫌気がさして、終売商品は要らないから、商品交換してくれ、と伝えた。

 

会社としての対応は、交換してやるんだから、という態度が見え隠れしないでもない。いや、それはこっちの台詞だよ。面倒だよ。返品キットの受け取りも、不在票入れるから再配達頼めとかさ。

自主回収だから、住所登録してるユーザーに報告する義務はないのかもしれない。公になればイメージが下がると考えたのか、ユーザーに連絡しなかったことに加えて、返品・返金を受け付けず、交換のみ、の対応の不味さに、更にブランドイメージを下げた気がする。急場凌ぎで電話対応を置いたのだろうけど、あんなに敬語がしどろもどろで、声に緊張しかない相手だと、そういうのが透けて見えるよね。

 

信頼とかブランドイメージが回復すればいいけど、いつも並んでるレジが、この間の買い物はお客さんも少なかったし、なくなるのは時間の問題かも。

サービス業のはしくれとして、今後どうなっていくかを期待も込めて見ているので(個人的になくなったらまたヘアケア剤ジプシーになるし)頼むからこれ以上幻滅させないで欲しいけど、難しいかもなぁ。

とりあえず残ってるポイントを交換しておいた方が良さそうかな。

気が早い下見(笑)

用があって久しぶりに表参道・原宿界隈~用事後渋谷までぶらぶらと。

雨が上がって晴れ間も出てきて、表参道は思ったより人が少なくて。ファーマーズマーケットを冷やかしたりしながら、ふと思い付いてここへ。
f:id:yo-orange:20171007210227j:image

DDD青山クロスシアター

1月からの辰巳くん主演舞台の劇場

 

下見には大分気が早い(笑)

みんな大好きプレゾンの青山劇場のお隣。表参道駅からも渋谷からもちょっと距離があるけど、表参道からの方が、登り坂じゃなくて楽かな、と思いながら。

 

今はまだSHOCK博多座の幕も開けてないし、まだまだGACHIの公演もあるし、12月5日が終わったら、本格的に取り組むんだろうな。

ただ、見事に舞祭組のホールツアーと被りました。どちらを優先するかを考えて、自分の気持ちを再認識したのだけど、ちょっとだけ複雑な思いを抱えつつ、辰巳くんの舞台を心待ちにしています。

 

舞祭組はね、当たったら行きます←

越岡裕貴くん 祝・ 31歳 お誕生日おめでとうございます


f:id:yo-orange:20171005204826j:image

越岡裕貴さま

31歳のお誕生日、おめでとうございます❗

 

元々こっしーはちゃんとしてるイメージだったので、というか私は主にマツを見ていたし、福ちゃんもなかなかだし、それには気づいていたからこそ、あとの二人はまあまあ普通の男の子なんだと思ってました。ところがGACHIにはまり、ふぉ~ゆ~を追いかけ始めると、ふと、あれ?この子意外とwwwと思う場面が多いのがこっしーでした。GACHI初日でコケたイメージが多分ずっと残ってる。意外性で言えば、あんなにロイヤル醸し出して、スタイルいいのに、残念って面白い。

あと、個人的な趣味が関西弁フェチ(特に大阪弁が好き)なので、もっと出してほしいなー(できれば無理にとかではなく自然にやってほしい)

あと、いつもラグランスリーブのTシャツなの、なんかラグランスリーブ見るとこっしーが浮かぶので、ぜひこれからも着続けてください。私も好きやで、ラグランスリーブwwwいい年したBBAなんで着ないけど。

 

30になってからが勝負、ってのは私も思っていて、30過ぎたら出来なくなることも多いけど(体力で言えば完徹とかw)

でも、30過ぎたからこそ分かること、線を引くこと、あえて飛び込むこと、切り捨てること。それが出来るようになるから面白い。

 

出来なくなることもあるけど、出来ないことは出来ない、嫌いなものは嫌い、で構わないから、それでもチャレンジを忘れず、意外性で、唯一無二の存在になってほしいものです。君なら出来るよ、こっしー。

堂島くんとKinKi Kids【堂島孝平SOLO TOUR「今年も、ゆく」渋谷マウントレーニアホール】

【ネタバレ含みます】

堂島孝平さんのソロライブに行って来ました。

KinKiに曲を提供してくださったことがきっかけで(その前から歌は知ってた)ライブに足を運ぶようになって、もう15年くらいになるでしょうか。ずっとバンドだったのでソロは初めて。マウントレーニアホールも初めて。座席のシートがとっても良くて立たないから、今日はありがたかった。一個前に書いたけど、時々辛かったから。

 

今回は1997年に焦点を当てたライブとなってました。1997年は堂島くんが『トゥインクル』と『すてきな世界』と2枚のアルバムを出した年であり、曲をたくさん作ってたこと、1997年に作ったたくさんの曲が今でも続いてるってことで、1997年を軸にそこからのメドレー。『○○メドレー』って銘打って、『お花』『食べ物』『旅』『抱えてる』『走ってる』メドレー

 

堂島くんの曲をこうやってテーマで振り分けるの、面白くて。確かに『走ってる』関連のワード多いw

これだけたくさん曲があるからこその、というか、自分で作ってるからこそ紐解けるというか。ご自身でも振り返ってみたら楽しかったんじゃないのかな、って。

『のらくら』のコード進行で全く違う新曲を披露してくれて、正直コード進行だと全くわからないけど、比較して弾いて歌ってくれたら、すごい!!すごいの!運指でしか分からないけど、『え!?ホントに同じコード?』って思うくらい全然違う。『同じコード進行でお遊びで作ったんだけど』とのことです。

『のらくらと同じコードで曲作った』って言ったら、スタッフさんに『じゃあこれまでの曲分、新しい曲出来ますね!』ってwww『それじゃ、自分が詰まらない』って言ってました。

 

ちなみに『抱えてるメドレー』でKinKiの『なんねんたっても』が入ってました。

この『抱えてるメドレー』面白かったのが『迷い、悩みときて、一回段ボール抱えてwで、明るくなりました』って。確かに抱えてるメドレーの中ではなんねんたってもは明るく素敵だった。アコースティックのなんねんたっても、本当に良かった。

 

合間にKinKiのお話も。

前回の『VERY YES』から2年ほどはずっと楽曲提供とかプロデュースとかが続いてて、藤井隆さんのアルバムの曲を提供したとか、今は藤井さん、リリースイベントで全国回ってるんだよ、養命酒持って、行ってあげて!って(笑)そんな話から奥さまの乙葉さんのデビュー曲も提供したお話へ。あの「つがい」の中に入った唯一じゃないかな、と。つがいってwww

二人組に提供すること多いんだよね、って。PUFFYにも、もちろんKinKiにもね、って。

KinKiは元々提供したことがきっかけで自分をTVに出してくれた人たちで、それで20年のアルバムを作るのに手伝ってくれ、って言われて(ん???20年の記念アルバム作るの?って思ったけど、そういえばNアルのことだ)

それまでも提供してた時は、友達として歌入れしてるよ、と聞いたら顔出したりはしてたけど。がっつり入ってやってて、7割5分くらいKinKiじゃないかって時期があったよね、いやもちろん本当にKinKiだとは思ってないよw

KinKiはいつも新しいことをやってるよね。これがKinKiだって大きくふわっと持ってるけど、ずーっと注目され続けてる中で、いつも新しいことをやってる。(それ、薔薇と太陽の話?)近くにいて刺激を受けてると、話してました。

自身でも新曲を作るタイミングなので、新しいアルバムを来年出せたらいいな。KinKiみたいになってたらごめんねw 新しいアルバム、踊ってたらごめんねwwwって。

堂島くんって、20周年でやってくれたけど、バク転出来る人なんですよ。時々踊ってもいるし、気づいたらJrみたいなこともやってそう(笑)(少クラ見てるジャニヲタだしね)

 

この話を聞きながらふと、堂島くんの曲の作り方って当て書きなのかなぁ、と。別のアーティスト用の曲を光ちゃんに取られてたけどw 自分の歌とKinKiの歌は作り方が違うのかな。いやもちろん、音域の違いがあるから、当然違うんだろうけど、自分の曲を作ってて、あ!KinKiっぽい、とかにはならないんだろうか……と思ったりしてました。

両方の歌を聴いてると、当然、本人たちで馴染んでるんだけど、堂島くんの歌を聞いたからってこれをKinKiが歌ったら、とか歌ってほしい、とかは思わないけど、堂島くんがKinKiの曲を歌うと「おぉ!これはこれでありだなー」と思うんですよね。全然別物なんだけど。

 

そうだ!堂島くん、提供曲のカバーアルバムやりましょうよ!

私は堂島くんの声の「いつも僕は恋するんだろう」が聞きたい!

 

今日は同じソロライブでも、ゲストにシュガビンをお迎えしてのライブ。チケットはソールドアウトなので、次はバンドでのライブ「堂島孝平生誕祭」@恵比寿リキッドルーム

2018年2月25日(日)

こちらを楽しみにしてます。去年の生誕祭のリキッドルームがとっても楽しかったから、次も楽しみ!