なんねんたっても

中心が横尾渉なジャニヲタのブログ

シェイクスピア物語(@神奈川芸術劇場)を見に行った話

五関さまの舞台の発表があったとき、素直に『あ、これ見てみたい』と思ったら、密かにヲタ仲間の親友だと思っている彼女もまた同じ事を呟いてて、しかも行ける日程が被っていたから申し込んでみた。

主演も発表されてないというのにw

蓋を開けてみたら、主演が上川隆也氏、相手役は観月ありささんという私には願ってもない主演だった。古い話だが、私は上川さんが、TVでの出世作大地の子』から気になる俳優さんだった。(年がバレるが放送当時私は中学生)観月さんもまた、SMAPとの関わりが多く、ナースのお仕事が好きだったので、楽しみにしていた。

私が行く舞台はほとんどジャニーズ絡みなので、女性しかいない場合が多く、今回は男性がチラホラいたから、ん?と思ってたら、そうか、ありさちゃんファンか。年配の方も多くて、五関さまのファンにこんな方も!と思ったけど上川さんファンですよね。(どのみち失礼) すみません。開演直前たまたま友人の方を向いて喋っていた私は『お!なんかイケメンが入ってきた!これ客席演出あるのかー!』って思ってたら、違った。A.B.C.-Zの河合くんと橋本くんだった。メンバー来るとか、微塵も思ってなくてごめんね。しかしエビ担のマナーの良さと言ったら、KinKi担の上を行くかも。私が唯一SHOCKで観覧に来ていたのは見たのはヒガシさんだけだけど、さすがのKinKiヲタもヒガシ兄さんにはザワザワした。あとで考えたら『ここ大阪じゃん。ヒガシ大阪まで来たの?』という驚きがあったからだったけど、駆け寄ったり、その座席に座ったりするバカは、シェイクスピアにもSHOCKにもいなかったし、シェイクスピアにいたっては、『……はっしーだ……』という声が聞こえたものの、ザワザワではなく、サワサワ程度だった。ちなみにSHOCKで出会ったヒガシは、明るい内から劇場のお姉さんに先導されて、気づいた皆に向かってお手振りしてくれた。そして、帰るときも、明るくなってからだったので、急いで帰るお客さん以外は皆大人しくお見送りをした。ヒガシは帰るときもお手振りしてくれた。良い思い出。

話をシェイクスピアに戻すと、さすがにメンバー居るとなると、ちょっと気になってしまう。2幕前にみんなの視線は1つの扉に集中していた。『(あ、河合くんだ。やっぱりカッコいいなぁ)』と心の中で思ってたら、橋本くん見逃した(笑)髪書き上げながら入ってくる河合くんホントにカッコ良かったんだよなぁ。

肝心のシェイクスピア物語は、SHOCKにもシェイクスピアの一幕があるから、当然ながらセリフが被っていて、出来不出来を比べるのではなく『あ!このセリフよく聞くやつ!』という感じで楽しんだ。五関さまは仕草がとてもスマートだし、ダンスはとっても映えるし、なんか安心して見れる舞台っていいなぁと素直に思った。女性慣れしてる(ように見える)五関さま素敵だった。SHOCKは安心して見られるんだけど、感情がちょっと違っていて、とても力が入るから、とても疲れる。横尾くんの舞台は、噛まないだろうかと心配してしまうのでとても疲れる。どっちにしろ疲れる。ちなみに横尾くんの舞台とSHOCKを昼夜で立て続けに見たことがあるが、死ぬかと思った。何より腰がいたい。そして精神的に良くない。そういう意味では純粋に舞台を楽しめて、素敵なものを見た、楽しかったと思えた舞台、良かったな。

強いて言えば、風邪引いてなかったらもっと良かった。反省。

しいたけ占い

私は占いとかおみくじとかの結果をいつまでも覚えてられない質なので、ふーんと眺めて終わることもしばしばだけど、とあるブロガーさんが紹介していて、読んでみたらなかなか面白かったので、今年はどんな年になるか、記録しておいて年末に照らし合わせてみようかなと思っている。

http://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h1/

 

 

何だこれ!?『KinKi Kids Ballad Selection』

予約を忘れていた&体調不良につき、発売日に退勤後よろよろしながら買いに行った(あとで考えたら怖い)。最近特典付きが安いから、という理由で専らセブンネットにしてるけど、実店舗なら仕事帰りに寄れるタワレコ派です(どーでもいい)

買ったのはもちろん『KinKi Kids Ballad Selection』いや全曲持ってるけどな。KinKiにはお金はらって買う価値あるよねーといつも思ってる。サポートメンバーも素敵。

さきほど、あー、ポイント今日中に登録しなきゃと思って開けた時の上げ底感(笑)厚みがあるからぎっちり何か入ってるのかと思ったら(特典は把握してない。買うならいずれ手に入らなくなる初回限定盤派)ぎっちり入ってたのはftrのユルさだけだった。だよね、これぞKinKiだよね、と思ってそっと閉めた←

体調悪すぎて(正月に至近距離で姪のくしゃみを顔全面で受け止めた)開封したのはポイント登録のためだけで、全く聴けてない。怒濤のリリースラッシュでSMAPから全く開けてないんだよ←いつの話

とりあえず3連休で良かった。とりあえず早く治します。

(もちろん回りに迷惑なので、舞祭組のハイタッチ会は行ってません。)

舞祭組『道しるべ』発売!

やっと!やっと出た新曲。

舞祭組の『道しるべ』

セブンネットにして店頭受け取りにしたから引き取ってきた。舞祭組の作詞はともかく、作曲?って不安しかなかったけど、今朝のめざましTVでチラッと聴いたらなかなかいい曲だった。やるじゃん、舞祭組(というか千ちゃんか)

舞祭組の基礎を作ってくれた『SMAPの中居くん』はもういないけれど、きっと伝わってるよ。中居くんはそういう人だから。そういう中居くんのエッセンスみたいなものが舞祭組に伝わってるといいな。事務所がSMAPに取って代わらせようとしている(のであろう)某気象系グループに罪はないけれど、私は昔から彼らに興味が全くなくて、FCやコンサートはもちろん、CD1枚すら持っていない。売り出し方なんだろうけど、私には合わない。去年のカウコンでホントにつまらない進行で、何だったんだろう、あれ。という感じだったし。背中を見てない先輩の代わりなんて出来るわけない。中居くんに『誰も悪くない』と言われてしまったけど、彼らには無理だよ。

だからといって舞祭組に出来るかといえば、それも無理だと分かっている。おそらく本人たちも分かっている。人気、実力ともに無理だと。だからこその『道しるべ』なんだと。中居くんが敷いたレールは2016年で消えた。だから今年からは中居くんの敷いたレールを道しるべに歩いてきたこれまでとこれからを自分たちで歩いていくんだと。そういうメッセージだと受け取っている。

ところで最後の『道しるべ』の文字は?スルメさんかな。私が20年見てきた、あの字かな。

 

余談だが、年末年始に遊んでいた甥っ子が、紅白のKinKiとイエモンに食いついていたが、某恋ダンスには全く興味を示さなかった(笑)

あれ?これ、一緒にKinKiライブ行けるかも。てか、2010年代生まれ、1990年代の曲に反応するって一体。

2017年

実家からもどり、やっと自分の時間。

ひたすら姪と甥と過ごす時間は楽しかったけど、疲れた。腕が筋肉痛でダルい。考えてみたら去年は、かたやようやく首が座り、かたや産まれたばっかりで、やっとこんなに遊べるようになったのだけど、1日一緒に居たら相当大変。子供は子供で1日預けられたことが相当なストレスだったのか、夜中は大暴れ。お互いお疲れ様でした。

さて。2017年。今年はどんな年になるんだろう。仕事は新しいことが待っている。生活は変わらないけど、趣味は何か新しいことを始めたい。何がいいかな。料理は好きだけど、料理はそれなりにできるから、あえて習いに行くのも、と思うけど、ちょっと難しいことを習いに行くのもアリかな。自宅学習系は続かないことをよく分かっているので、なかなか手が出ないけど、毎週行かないといけないことだと続くかな、なんて(笑)

2016年の現場

ホントは去年中にやるつもりだった2016年の現場の振り返り(笑)

 

【ジャニーズ】

1月KinKi東京ドーム、滝翼横アリ

2月SHOCK×2、 TU FUNKブルーシアター

3月SHOCK

4月野球大会

5月KAT-TUN東京ドーム、寝盗られ惣介

6月なし

7月キスマイ名古屋×2

8月A.B.C.-Z代々木、キスマイ東京×3

堂本剛平安神宮

9月縁~むかしなじみ~×3、KinKi武道館

10月KinKiグリアリ

11月なし

12月 23階の笑い、海賊とよばれた男日舞台挨拶、クロスハート×3、KinKi×2

 

他にトーテムなんかも行きました。

楽しかったなーと思うと同時に失ったものもある。喪失感が大きすぎて、今年からは控えようと思う。とりあえずツイ廃からは卒業する。

 

今年もよろしくお願いします。

なんねんたっても

私の20年がそろそろ終わろうとしている。正確には他人の、彼らを愛していない、自分の欲のために、圧力を掛けて終わらせられようとしている。

私は気づいたらSMAPのファンになっていた。いつから、とか、○○○の曲から、とか、○○TVから、とかいうものはない。記憶にない。それくらい昔からSMAPが好きだ。SMAPのファンというよりヲタクだけれど(CDを買い、コンサートに行き、たまにTVを見る、程度ではなく、番組協力に行ったり、SMAPショップに元旦の朝から並んだりしていた)当たり前にずっとSMAPSMAPだと思っていた。誰かの手によって壊されることなんて考えてもいなかった。

突然居なくなることに、理解が追い付かなかった。今でも納得していないけど、それでも2016年12月31日は来る。

スマスマが終わった。20年一緒にいた。その頃にはもうファンだった。放送開始した頃は中学生。全部は見ていないけれどそれでもほとんどのキャラクターに思い出がある。今回のコンサートはどれをやるんだろうとか、リンクしていたから楽しんで見ていた。料理本も何冊も持っている。コンプリートBOOKSももちろんある。毎月1冊ずつ楽しみに買った。いつかビストロの番組協力に行きたかったが、ついに叶わなかった。拍手と歓声だけを収録する回に2回参加した。それでも嬉しかった。戻ってくるって信じてたから。だってみんなにちゃんと伝えるってつーこさん言ってたじゃん。なのになんで?

あんなに視聴率があって、皆が出演を目標にしてた番組を私は知らない。Mステや紅白は歌手でなければ望まないし、出られない。タレントでなければなかなかTVには出られない。でもスマスマは政治家やスポーツ選手、アーティスト、海外ゲストも多数出ていた。タモリさんのいいともも終わったし、残るはスマスマだけだったように思う。

色々情報は錯綜しているけれど、それが本当だとしたら、あの時間、5人で何も言わずぎゅっとくっついていたんじゃないだろうか?とか考えたら、胸が締め付けられる。想像の範囲だけれど。SMAPのためならTVの前だろうと泣いてしまう、小さなリーダーの肩を抱くことも一緒に泣くことも、これからはもう出来ないから。

 

私は後輩グループも応援しているから、こういう話が出てくることは理解している。でも後継者なんていらない。誰も越えられないし越えさせない。さらにキツい本音を言えば、事務所がとって代わらせようとしているあのグループを応援する気には全くならない。元々興味がない。かといって、応援しているグループに後継者が務まるとも思っていない。無理だよ。自ら開拓してきた人達と、その上でヘラヘラしてきた人間じゃ、根性が違いすぎる。それは本人たちも自覚していると思うけれど。

そう思ったら、あーこのまますべてのグループの応援を辞めようかな、とさえ思えてきた。分かってる?事務所さん。ひとつの偉大なグループを壊して、じゃあ無くなったから新しい方に行こうかな、なんて考えないものだよ? 食料品じゃないんだから。マイナスの経済効果を考えられないようじゃ企業として終わりだよ。

 

なんねんたっても『SMAP』を応援します