なんねんたっても

中心が横尾渉なジャニヲタのブログ

頼むね

仕事の話。

今はとある企業の中で仕事をさせてもらっているものの、社員とは立場が違うので一歩引いて見ている……ことを実は上司に気づかれていた(笑) まだまだだなぁ。深入りしないように。情がうつるから。離れがたくなるから。

そう思ってたけど、ガッツリ入り込んでくれ、と酔っぱらいながらも皆の前で伝えてくれたのは嬉しかったけど、プレッシャーは半端ない。そんな折、突然もっと上の上司に呼ばれた。普段こんな立場のやつを直接呼ぶような方ではない。部下である、私の直の上司に伝えるだけ。それなのに突然呼ばれて進捗を聞かれた。まぁまぁ上手く行っている案件だったからそう答えた。返ってきた返事は『頼むね』優しいけど、厳しい一言。

今日もその客先に出掛けて戻ってきたら、待ち構えていて、直接進捗を話す羽目に。話すとやっぱりピリッとする。頑張らなくちゃ、と思う。

今週はほとんど客先で過ごすという、何とも気が抜けない、そんな一週間を過ごし(合間に午前様の飲み会もはさみつつ)へろへろで電車に乗り、ふと音は止めてイヤホンしたまま揺られていたら、後ろに居た人の声に聞き覚えが。前の会社のスタッフだった。昼間に働いているし、夜に会うとは思っていなかったし、2度と会いたくない人達だし、こんな言い方はしたくないけど大嫌いだから、振り向いたけど、挨拶はしなかった。向こうは気づいていたかもしれないけど、お互い様。

今、新しい環境で必要とされていることを誇りを持って、過去には振り回されないように生きたい。あの頃とは違う。